大手銀行のデメリット

審査が厳しくすぐに融資を受けにくい

企業の経営者にとって法人口座をどの金融機関で作るかは重要な課題です。大手銀行、地方銀行、信用金庫などが候補となりますが、このうち大手銀行については高い信用力がある一方で、大手であるが故のデメリットもいくつかあります。一つ目のデメリットは、融資の審査が厳格であるため、資金が必要になった場合に、申し込んでから実際に融資がなされるまでにかなり時間がかかるという点です。特に、中小企業の場合には、必ずしも希望した通りの融資が受けられるとは限らないため、大手銀行だけと取引をするというのは資金を確保するという観点からはあまり望ましくはありません。できれば、いくつかの金融機関に口座を作っておいた方がよいでしょう。

経営に介入される可能性がある

大手銀行で法人口座を作ることの二つ目のデメリットは、経営に介入されるおそれがあるという点です。単に口座を開設してお金を預けておくだけであれば特に問題はないのですが、もし融資を受けて、返済に支障をきたすようなことになってしまうと、銀行の担当者が企業の経営方針について色々口出ししてくる可能性があります。また、場合によっては、取締役などの役員を送り込まれるケースもあるため、そうなってくると経営者が自分の考えに従って経営するというのが難しくなるのです。もちろん、優れた経営ノウハウを伝授されて経営にプラスに作用する場合もありますが、必ずしもそういったケースばかりではありませんので、大手銀行から融資を受ける際には慎重な検討が求められます。